結婚式にかかる費用の内訳とおおよその金額をチェック!

費用

いざ結婚式をすると決まったときに、不安を感じるのが費用。

「どのくらいのお金がかかるんだろう…」と心配の方も多いですよね。

今回は、結婚式にかかる費用について、詳しくチェックしていきましょう。

 

結婚式にかかる費用

結婚式にかかるおおまかな費用について、ご紹介していきます。

 

挙式代

結婚の誓いを交わす挙式。

式場によっては、挙式代と披露宴代がプランに含まれていることもあります。

一方で、挙式代と披露宴代が別のケースも多いです。

行う会場や挙式スタイルによって、金額は異なります。

 

披露宴代

華やかな披露宴パーティー。

規模や立地によって、披露宴代は異なります。

豪華な会場であればあるほど、費用がかかる傾向にあるようです。

また、式場によっては、プランに披露宴代が含まれていることも多いです。

 

衣装代

ドレスやタキシードなどの衣装代も忘れてはいけません。

プランに衣装代が含まれていることも多くなっています。

ですが、その場合には、選べる衣装が限られていることがほとんど。

お色直しを行ったりプラン外の衣装を選択する場合には、衣装代が大きくなることが予想されます。

 

装飾代

結婚式の会場には、華やかな装飾や装花がありますよね。

実は、装飾代にもお金がかかっています。

プラン外の装飾をする場合には、追加でお金がかかることを覚えておきましょう。

 

料理や飲み物代

コースによって、料理や飲み物の費用は異なります。

目安としては、お招きするゲスト1人あたり、1~2万円程度かかると見込んでおくとよいでしょう。

 

引き出物代

ご祝儀をいただいたゲストに対して、引き出物をお返しします。

ご祝儀が3万円と考えた場合、引き出物代は1万円~1万5千円くらいが理想的。

お招きした人数を考慮して、引き出物代を考えましょう。

 

その他

そのほか、招待状といった小物にもお金がかかります。

また、ムービー作成を依頼する場合には、別途費用がかかるケースも。

余裕をもって、費用を考えておきましょう。

 

これらすべてを負担するわけではない!

結婚式には、たくさんの費用がかかることがお分かりになったかと思います。

しかし、これらの費用をすべておふたりが負担するわけではありません。

結婚式をするとご祝儀をいただくことになるので、実際におふたりが負担する額は、

  • 結婚式にかかった費用 - ご祝儀

ということになります。

 

ただし、ご祝儀があっても、お金がかかることは事実。

どのくらいの予算でどのような結婚式を行いたいのかを、じっくりおふたりで考えてみてくださいね。