結婚式の挙式スタイルはどんなものがある?~それぞれの特徴

結婚式

挙式は、おふたりが愛を誓う大切なシーン。

「どんなスタイルの挙式にしようか…」とお悩みの方も多いことでしょう。

今回は、挙式スタイル別の特徴を、詳しく解説していきます。

 

挙式スタイル別の特徴

教会式(チャペル式)

まずは、教会式(チャペル式)。

現在では、挙式と聞くと教会式を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

教会式は、チャペルや大聖堂で行う挙式スタイル。

キリストの教えに沿って、挙式を行います。

一般的には、牧師さんの問いかけに新郎新婦が答えるスタイルで愛を誓います。

クラシカルで荘厳な雰囲気が漂う挙式スタイルです。

 

神前式

続いて、神前式。

日本の伝統に則った、厳かな挙式スタイルです。

神社で挙式を行うことも多いですが、式場内の神殿で行うケースもあります。

また、神前式は教会式とは異なり、「白無垢」を着て儀式を執り行うことも大きな特徴。

さまざまな儀式があり、一つずつ粛々と執り行っていきます。

 

仏前式

次に、仏前式。

神前式が神道に基づいて行うのに対し、仏前式は仏教に基づいて行います。

先祖代々の菩提寺や寺院、または仏壇の前で行われるケースが多いです。

ただし、ほかの挙式スタイルと比較してあまりメジャーではないため、「対応している式場が限られている」というデメリットがあります。

 

茶婚式

聞き慣れないかもしれませんが、茶婚式というスタイルもあります。

茶婚式とは、茶の湯の精神に基づいて婚礼の儀を行う挙式スタイル。

近年注目されているスタイルの一つで、「和風に結婚式がしたい!」という方に人気となっています。

まだまだ知名度は高くないですが、ホテルなどの茶室で茶婚式を行えるケースも。

茶婚式をしたい場合には、式場が対応しているかどうかをしっかり確認してくださいね。

 

人前式

最後に、人前式。

宗教にとらわれず、自由な形で行う挙式スタイルです。

ゲストを承認者として、愛を誓うのがメジャー。

とは言っても、明確な決まりはないので、おふたりの好きなスタイルで挙式ができます。

ドレスはもちろん、色打掛を着ての「和装人前式」も人気のスタイルです。

 

挙式スタイルはおふたりと両家でよく話し合いを!

いかがでしたか?

挙式には、さまざまなスタイルがあることがお分かりいただけたかと思います。

 

挙式は、結婚を誓う大切な儀式。

おふたりはもちろんのこと、両家でよく話し合ってスタイルを決めてくださいね。

おふたりの意見が違う場合には、お互いの気持ちを尊重し合って、挙式スタイルを決定することが大切ですよ。