結婚式スタイル別インフォメーション~教会式の流れとは?~

現在では、最もポピュラーで花嫁さんにも人気の教会式。

クラシカルで厳かな雰囲気が魅力的ですよね。

では、教会式はどのような流れで挙式を行っていくのでしょうか。

詳しくご紹介していくことにしましょう。

 

教会式の流れ

1.準備

ブライズルームや新郎新婦の控室で身支度を整えます。

新婦の母親に「ベールダウン」をしてもらう方も多いです。

 

2.新郎・新婦入場

まずは、新郎が先に入場。

そのあと、父親や親族とともに新婦が入場します。

新郎が新婦の手を取り、入場完了となります。

 

3.讃美歌

挙式に列席している全員で、讃美歌を斉唱します。

 

4.牧師による聖書朗読

牧師さんが、聖書を朗読します。

ここで、神に祈りをささげます。

 

5.結婚の誓約

牧師さんが、聖書に基づいて新郎新婦に問いかけをします。

新郎新婦は「誓います」などと答え、結婚の誓約をします。

 

6.指輪交換

結婚の誓約後、指輪を交換します。

新郎から新婦に、そして新婦から新郎へと指輪を交換します。

 

7.結婚宣言

牧師さんが祈祷をささげ、結婚証書にサインをします。

その後、列席している全員に結婚の報告をします。

 

8.退場

新郎新婦が退場します。

 

9.フラワーシャワーやブーケトス

挙式後は、フラワーシャワーやブーケトスを行います。

大切なゲストとの幸せなひとときですね。

 

教会式の魅力

続いては、教会式の魅力について、お話していきましょう。

 

厳かで神聖な雰囲気

教会式は、キリスト教に基づいた神聖な雰囲気が特徴のスタイル。

凛とした空気のなか、挙式を行うことが可能です。

 

花嫁が親族とバージンロードを歩くことができる

新婦の入場では、父親とバージンロードを歩くことが一般的。

大切な父親との素敵な思い出をつくることができるでしょう。

 

チャペルの内装が素敵

チャペルのなかには、本格的なステンドグラスが飾られているとことも。

ロマンチックな空間で、愛を誓うことができますよ。

 

教会式はこんなおふたりにおすすめ!

クラシカルな雰囲気が好き

クラシカルな雰囲気は、教会式ならではの魅力!

親族との時間を大切にしたい

ベールダウンや父親との入場など、親族の交流が多い!

純白のウェディングドレスが着たい

美しい純白のウェディングドレスが一番マッチするのは、やっぱりチャペル!

 

まとめ

以上、教会式の流れや魅力をご紹介しましたが、いかがでしたか?

華やかでありながらも、厳かな雰囲気が魅力の教会式。

クラシカルなチャペルに憧れている方も多いことでしょう。

「どんなスタイルの挙式にするか迷っている…」という方は、ぜひ参考になさってくださいね。