神前式とはどんなスタイルの結婚式?挙式の流れをチェック!

神前式

白無垢を着ての神前式。

日本の伝統が息づく挙式は、とても魅力的ですよね。

では、神前式は、どのような流れで挙式を行っていくのでしょうか。

1つずつ詳しく見ていくことにしましょう。

 

神前式の流れ

1.参進の儀

神職と巫女の誘導のもと、新郎新婦・両親・親族が本殿に向かいます。

(なお、ホテル内での神殿では、行わないケースもあります。)

 

2.入場

まず先に、新郎親族・新婦親族が入場します。

神前に向かって右が新郎側、左が新婦側です。

このあと、新郎新婦や仲人、神職が入場します。

 

3.修祓の義

これは、けがれを清めるための儀式。

神職の祓詞を述べて、身を清めます。

 

4.祝詞奏上の儀

神職により、神へ結婚報告をします。

 

5.三々九度の盃

3つの盃で、新郎新婦がお神酒をいただきます。

この儀式が、おふたりの結婚を誓う場面となります。

お酒が飲めない場合には、軽く口をつけるだけでも大丈夫です。

 

6.指輪交換

指輪交換を希望する場合には、このタイミングで交換します。

本来神前式にはない儀式なので、行わなくても問題はありません。

 

7.誓詞奏上

新郎新婦が夫婦になることの誓いを述べます。

 

8.巫女の舞

巫女が舞を行います。

おふたりの門出のお祝いです。

 

9.親族盃の儀

両家が親族となるため、盃を交わしてお神酒をいただきます。

 

10.あいさつ

神職が、儀式を執り行ったことを神に報告。

その後、神職→新郎新婦→仲人→親族の順に退場します。

 

以上が、一般的な神前式の流れです。

ただし、神社によっては、儀式の内容が異なることもあります。

ですので、事前に確認しておいたほうがいいしょう。

 

神前式の魅力

続いて、神前式の魅力をいくつか挙げてみたいと思います。

 

日本の伝統を感じられる

神前式は、古くから行われてきた儀式。

日本ならではの伝統を感じることができるでしょう。

 

凛とした空気のなかで挙式ができる

神前式は、粛々と行われます。

厳かで落ち着きのある挙式ができますよ。

 

憧れの花嫁参列ができる

神社での挙式であれば、憧れの花嫁参列(参進)が叶えられることも。

白無垢姿のきれいな花嫁には、やっぱり憧れますよね。

 

教会式はこんな方におすすめ!

歴史ある神社で挙式を行いたい

神前式に対応している神社であれば、挙式を行うことが可能!

親族の結びつきを意識したい

親族盃の儀があるからこそ、両家が親族として結びついた意識が持てる!

夫婦としてのけじめをしっかりつけたい

おふたりで行う儀式が多い神前式は、夫婦の絆が深まる!

 

まとめ

以上、神前式の流れや魅力をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

古式ゆかしい神前式に憧れている方も多いでしょう。

挙式スタイルを迷っているおふたりは、ぜひ参考になさってくださいね。