仏前式はどんな流れで行うの?~スタイル別に見る結婚式~

仏前式

仏教に基づいて婚礼の儀式を行う仏前式。

仏前式に対応している式場は少数ですが、年々仏前式を選ぶカップルも増えているようです。

では、仏前式は、どのような流れで挙式を行っていくのでしょうか。

1つずつ確認していくことにしましょう。

 

仏前式の流れ

一般的な仏前式の流れは、以下のとおりとなります。

 

1.参列者が入堂(お寺で儀式を行う場合)

両親→親族→ゲストの順にお寺へと入堂します。

本尊に向かって、

  • 右側に新郎側
  • 左側に新婦側

が着席します。

 

2.新郎新婦が入堂

続いて、新郎新婦の入堂。

それぞれ媒酌人・媒酌人婦人に付き添われて入堂します。

そのあと、本尊の前へと進みます。

 

3.僧侶が入堂

最後に、僧侶が入堂します。

僧侶は、儀式を進める「司婚者」となります。

 

4.敬白文朗読

僧侶により仏様とご先祖様に向けて、儀式を行う報告をします。

 

5.念珠授与

僧侶が、数珠を新郎新婦に受け渡します。

数珠の授受が終了後、合掌します。

 

6.司婚の辞

ここで、新郎新婦が夫婦としての契りを交わします。

そのあと、僧侶により「婚儀の成立」が宣言されます。

 

7.焼香

新郎→新婦の順番で、焼香を行います。

 

8.誓杯

参列者全員で、誓いの杯を交わします。

 

9.法和

僧侶が、結婚を祝うお祈りを捧げます。

 

10.退堂

全員で合掌をしたのち、順に退堂します。

 

ただし、お寺や僧侶によって、儀式は多少異なることがあります。

詳しいことは、仏前式を行うお寺やホテル、または僧侶に確認しておくと良いですね。

 

仏前式の魅力

続いて、仏前式の魅力について見ていきましょう。

 

ご先祖様に報告ができる

仏前式では、ご先祖様に結婚を報告します。

お世話になったご先祖様に、感謝の気持ちを伝えることができるのです。

 

厳かな雰囲気

お香が焚かれるなかでの儀式は、とても厳か。

精神を落ち着かせて、挙式を行うことができるでしょう。

 

自宅の仏壇の前で挙式ができる

仏前式は、自宅に僧侶を招いて仏壇の前で挙式を行うことも可能。

生まれ育った家や家族を感じながら挙式を行えます。

 

仏前式はこんな方におすすめ!

仏教の教えを大切にしたい!

仏教の教えに基づいて挙式を行うことが可能。

来世での結びつきを誓いたい!

仏前式では、現世だけでなく来世での結びつきを誓う。

伝統を重んじたい!

仏前式は、古くからある婚礼儀式。

伝統を重んじながら挙式を行える。

 

まとめ

以上、仏前式の流れや魅力についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ご先祖様に対して結婚報告するというのが、やはり一番の魅力ではないでしょうか。

ちょっと違った挙式をしたいのであれば、検討してみるのも良いかもしれませんね。