人前式とはどんなスタイル?結婚式の流れを確認しましょう!

人前式

宗教にとらわれず、自由に挙式ができる人前式。

オリジナリティのある挙式ができると、最近ではとても人気が高いですね。

では、人前式はどのような流れで挙式を行っていくのでしょうか。

詳しく見ていくことにしましょう。

 

人前式の流れ

とは言っても、自由なのが人前式の特徴なので、流れに関してこれといったルールはありません。

なので、こちらでは最も多く行われているかたちのものをご紹介します。

実際、これ以外の流れで挙式を行っている方もたくさんいらっしゃいますので、あくまでも参考事例と考えてくださいね。

 

1.新郎新婦入場

新郎新婦が入場します。

教会式のように新婦が父親と入場する場合もあれば、新郎新婦おふたり揃って入場するケースも。

 

2.ゲストを証人として結婚を誓う

メジャーな人前式では、ゲストを証人として結婚を誓います。

事前にゲストが結婚証書にサインをすることも。

もちろん、人前式のスタイルはさまざまなので、明確な決まりはありません。

これ以外の方法で結婚を誓う方もいらっしゃいます。

 

3.指輪交換

結婚を誓ったあとは指輪を交換します。

指輪はアテンダントさんが持ってきてくれることもあれば、子どもやペットに持ってきてもらう演出をする方も。

オリジナリティある演出ができるのは、大きな特徴ですね。

 

4.退場

指輪を披露して、人前式は終了。

一旦新郎新婦が退場する場合もありますが、宴内人前式の場合はこのまま披露宴を開始します。

 

人前式の魅力

自由度が高い

人前式の魅力は、やはり自由度の高さ。

おふたりならではの個性を生かして、挙式を行えます。

 

挙式の雰囲気が自由

人前式は、挙式の雰囲気も自由。

厳かに落ち着いて行うのもよし。

アットホームに盛り上がって行うのよし。

おふたりの好きな雰囲気で、挙式を行えます。

 

宗教色がない

人前式には、宗教色がありません。

そのため、両家の宗教に対する意識が違っていても大丈夫。

おふたりの気持ちを尊重して、挙式を行うことが可能です。

 

人前式はこんな方におすすめ!

いろいろな演出を楽しみたい

自由度が高い人前式では、個性を生かしたいろいろな演出が可能です。

ゲストを身近に感じたい

人前式では、出席するゲスト全員が証人となるスタイルがメジャー。

ゲストを身近に感じながら挙式することができます。

移動をスムーズにしたい

宴内人前式であれば「挙式→披露宴」の流れがとてもスムーズです。

 

まとめ

以上、人前式の流れや魅力について、お話してきました。

オリジナリティーにあふれる、おふたりだけの挙式ができますよ。

「自分たちであれこれ考えたセレモニーを行いたい!」というおふたりには、ピッタリのスタイルですね。